アラサーならではの魅力をディスカバリー!アラサー力

menu

アラサー力

LINEで仲直りは可能?喧嘩した友人と関係を修復するための方法

喧嘩した友人と関係を修復

「ちょっとした行き違いで、親友と疎遠になってしまった…」

「できれば仲直りして、関係を修復したい…」

そんな風に悩んでいませんか。

友人があなたにとって、少しでもメリットがあるなら、「仲直り」をしておくに越したことはありません。

今回は、喧嘩して気まずくなった友人と、確実に仲直りをするための5つのポイントについてご紹介していきます!

スポンサードリンク

先に謝ったもん勝ち

「友人と仲直り」というテーマで、最も重要な点…

それは、「先に謝ったもん勝ち」

これに尽きます。

つまり、あなたの中で、「仲直りしたい!」という願望が少しでもあるのなら…

相手よりも先に、謝るためのアクションを起こすのがベターです。

あなたから先に謝ることを考える

喧嘩した友人との「関係修復」を考える際、ほとんどの人は…

「自分からは謝りたくない」

と、考えるものです。意地もありますからね。

でも、これって裏を返せば…

「相手も同じように、『先に謝るのは嫌だ』と考えている可能性が高い」

ということに他なりません。

一生縁が切れることも

要は、あなたも相手も、双方が「自分からは謝りたくない」と思っているため、いつまでも、仲直りができない…

こういう膠着した状態です。

「ちょっとした行き違いから、一生縁が切れてしまう」

といった悲しい事態が起こってしまうのは、この「自分からは謝りたくない」という心理が最大の原因です。

あなたが少しでも「謝りたい」と思ったなら、吉日!

「謝るためのセッティング」に頭を使うようにしてみましょう。

会って話をする

友人と仲直りをする時、よくLINEやメールで済まそうとする人がいますが、これはあまりお勧めしません。

なぜなら、LINEやメールだと、「誠意」が伝わらないからです。

簡単に済ませていると思われる

例えば、LINEで「こないだはごめんね」と送信したとしましょう。

それを受け取った相手の心中を客観的に推し量ると…

「えっ、そんな簡単に済ませるつもりなの?」と、かえって頑なになりかねません。

最悪の場合、相手から「誠意がない」と思われて、余計に関係をこじらせることだってあります。

これでは、せっかく謝ったつもりが、完全に逆効果ですよね。

関係を修復するために謝るのなら、LINEやメールなどに「ごめんね」と一言書いて終わりにするのではなく…

むしろ、「謝罪」の内容は文章では一切触れず、「ちょっと話があるから、会いたい」と書くようにしましょう。

諦めもつく

また、あなたの方から「会いたい」という意思表示をしておけば…

相手にも、「おそらく、仲直りの件だろう」と察しがつきます。

つまり、友人が会うことに承諾さえしてくれれば、問題は解決したも同然…ってことです。

「まず自分から『会いたい』と伝える」

これが、友人と仲直りするときの最善かつ確実な方法です。

スポンサードリンク

断られたら?

もしもあなたが「会いたい」と伝えたにも関わらず、友人に断られたら…

その時は、「あー、仲直りするつもりはないんだな」と諦めもつきます。

「仲直りしたいけれど、どうしよう…」なんてことをうじうじと悩むくらいなら…

相手にキッパリ断られて、「もう仲直りできない」と諦めた方がよっぽど「楽」です。

断った方がつらい

それに、あなたが友人に「話があるから会いたい」と伝えて、仮に友人がそれを断ったとしても…

あなたはそのことを気に病む必要は全くありません。

なぜなら、断られた側よりも、断った側の方が心の傷は深いからです。

断られたあなたは、諦ればそれで済みます。

でも、断った側は…

「あのとき、せっかく会いたいと言ってくれたのに、なぜ断ってしまったんだろうか…」

と、その後も長く後悔の念に苛まれます。

とにかく、謝ったもん勝ちなんだから、「会ってくれなかったらどうしよう」なんて悩む必要はありません。

「謝りたい」と思ったら、「とりあえず会おう」と、LINEやメールで送るのが最も効果的なんです。

相手が来やすい場所で会う

また、仲直りしたい友人と会うときは、できるだけ相手の家の近くや、相手が行きやすい場所まで出向きましょう。

これは、相手に「申し訳なさ」を感じさせるためです。

もしも、あなたが逆の立場だったら…

友人が、あなたの最寄り駅まで来てくれたら、嬉しいと思いませんか?

同時に誠意も感じるし、わざわざすまないな… と申し訳なさも多少は感じるでしょう。

それがもしも、遠いところへ呼び出されたら、「なんでわざわざこんなところに…」って思うはずですからね。

心理的に優位になる

とにかく、こじれた友人関係を「修復」するためには、あなたが相手のところまで会いに行く、これが鉄則です。

自ら会いに行くことで、あなたは「(わざわざ)会いに行ってあげた」と心理的優位に立てます。

反対に、相手は、「わざわざ、会いに来てくれた…」と考えます。

この心理的アドバンテージは決して小さくないので、仲直りの話題も切り出しやすくなるうえ、関係修復の可能性も大きく広がります。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ケンカした友人と仲直りするための効果的な方法として…

1.
話を切り出したほうが勝ち

2.
LINEやメールに謝罪は書かない

3.
必ず会って謝る

4.
会うのを断られたらすっぱり諦める

5.
相手の都合のいい場所まで行く

以上、5つのポイントについてご紹介してきました。

喧嘩した友人と「仲直りしたい」と思ったときは、ぜひ、参考になさってみてください!

スポンサードリンク

 

関連記事

QRコード