アラサーならではの魅力をディスカバリー!アラサー力

menu

アラサー力

いつも後悔ばかり…後悔しない生き方をするためのたった1つのコツ

後悔しない生き方

「いつも後悔ばかりしている」と悩んでいませんか。

後悔というのは、いわば「癖」のようなもので、一度「後悔癖」がついてしまうと直すのは大変。

なんとか、「後悔しない生き方」を見つけようにも、その道のりは容易ではありません。

実はですね、後悔癖のある人には、ある一定の特徴があるのですが、自分の「後悔癖」の認識こそが、後悔しない生き方を手に入れるための第一歩に他ならないんです。

そこで今回は、後悔する人の特徴と、後悔しない生き方を手に入れるための「たった1つのコツ」についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

決断を渋る

実は、「後悔」というのは、「決断力」と、かなりの部分リンクしています。

つまり…

・決断できる人ほど後悔しない

・反対に、決断ができない人ほど後悔しやすい

このようになっています。

なぜなら、後悔しやすい人というのは…

「やった後悔」よりも、「やらなかった後悔」がほとんどだからです。

あなたも、自分の過去を振り返ってみて、数多くの「やらなかった後悔」が思い浮かぶのではないでしょうか。

やった後悔はすぐに癒える

海外の大学で行なわれた、ある心理学の研究によると…

人は、「やった後悔」よりも「やらなかった後悔」の方が、より記憶に残りやすいという事実が明らかにされています。

例えば、あなたは高校生、「好きな人に告白する」という例で考えてみましょう。

仮に、勇気をもって告白し、結果、失敗に終わったとして…

「あの時、告白しなきゃよかった…」なんて、その後3年も5年も後悔し続けた… なんて人を見たことってありますか?

告白が失敗した傷なんて、せいぜい1~2ヶ月もすれば消えていくものです。

あなたの周囲にいる「告白に失敗した友達」を見ればそれは明らかではありませんか?

彼らは皆、告白が失敗した後も、非常に「あっけらかん」としていたのではないでしょうか。

やらなかった後悔ほど記憶に残る

でも、「告白しなかった後悔」となると、そうではありません。

高校の3年間ずっと、下手をするとその後一生…

「なぜあの時、勇気を出して告白しなかったのだろう…」なんて後悔し続けるケースだってあり得ます。

つまり、「やって失敗した後悔」よりも「やらなかった後悔」の方が、より鮮明に「辛い思い出」として記憶に刻まれるんです。

スポンサードリンク

記憶に刻まれる理由

しかし、なぜ、やらなかった後悔ほど記憶に残りやすいのでしょうか。

先述の海外の研究チームは、その理由について、次のような結論を出しています。

それは…

「やった行為の損失は計算できても、やっていない行為の損失は計算できないから」です。

損失が計算できるか、否か

例えば、ビジネスを例にとって考えてみましょう。

あなたの目の前に、「100万円の投資のチャンス」が巡ってきたとします。

投資が失敗した場合、あなたの損失はマックスで100万円です。

すると、仮に投資が失敗に終わり、後悔したとしても、それは「マックス100万円分の後悔」に他なりません。

もちろん100万円は大金ですが、それでも一生をかけて悔やむほどの額でもありませんよね。全額失うかどうかも分からないし。

思い出して、後悔する

でも、もしも投資を「しなかった」として、その「しなかった決断」を後悔した場合…

「ひょっとしたら、あの投資によって何倍もの利益を生み出せたかもしれない…」

と、このように考え始めますから、損失は「100万円では済まない」って話です。

その後、何度も何度も思い出しては、「やっておけば良かった…」「なぜためらったのだろう…」と、その度に悔やみ続けるハメになるでしょう。

これがつまり…

「やっていない行為の損失は計算できない」という証し。

ゆえに、やらなかった後悔の方が損失を大きく感じ、記憶に長く残るという理由です。

また、先述の「告白しなかった後悔」も同様。

「もしも告白してうまくいっていたら、今頃ひょっとして結婚してたかも…」

そんなことを考え始めたら、もはや損失は「計り知れない」ですよね。

後悔しないコツ

まとめると、

・やった後悔はその時だけ。損失も計算が可能。

・でも、やらなかった後悔は、損失を計算できないため長く記憶に残る。

このような結果となります。

もしも、「やるべきか、やらざるべきか」迷った際は…

「やらなかった方が、100パーセント後悔する」と自分に言い聞かせ、いわば「鉄則」としてそれを認識することです。

そのうえで、できるだけ「やる方向」で考えてみるようにしましょう。

これが、後悔しない生き方の「コツ」です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、後悔しない生き方のコツについてご紹介してきました。

実際のところ、あなたが現在進行形で後悔している記憶や出来事も、そのほとんどは「やらなかった後悔」ではないでしょうか。

犯罪や人に迷惑をかける行為ではなく、少しでも「良い事」だと思えるなら、勇気を出してやってみた方が後悔は少ないんです。

無責任な言い方に聞こえるかもしれませんが、これが紛れもない事実です。

人生の決断を迫られたときは、ぜひ、参考になさってみてください!

スポンサードリンク

 

関連記事

QRコード